=スポンサードサーチ =


食生活がADHDと深く関係する

今すぐ試してみてください。
これがADHDを改善する食事の3つのカギです!

 

発達障害改善の即効3ステップはこちら

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)に関する情報は、この数年で飛躍的に増えてきました。

 

それと共に分かってきたことは、食事がADHDやその他の発達障害の症状に大きく影響を与えるということです。

 

ほとんどの人は、ADHDを単なる心の問題だと考えがちです。

 

私も我が子が発達障害だと診断された時に、それを心だけの問題だととらえて、一生懸命に接し方を変えてみたり、環境を変えようとしてみました。

 

でも、子どもにたいした変化は見られず、「何をやっても無駄」という絶望感だけが残りました。

 

そんな時に読んだ「食事療法で自閉症が完治!」(キャリン・セルーシ著)という本を通して、食事で発達障害を改善するというアプローチがあることを知ったのです。

 

さらにADHD(注意欠陥多動性障害)に関しては、以下の本の中でも具体的な改善例が取り上げられています。

子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)


この本の中では、落ち着きがない、忘れ物が多い、家庭内暴力をふるうなど、問題行動の多かった子どもたちが食べ物を変えることでどのように変化していったのかが詳細に解説されています。

 

それにしても、なぜ食べる物を変えることで、多動や注意欠陥などの問題行動が改善するのでしょうか?

 

なぜADHDが食事で改善するのか

脳機能を示すイラスト

 

ADHDが食事によって改善されたという体験談は、ADHDが単なる心の問題ではなく、脳機能の不具合と関係していることを証明しています。

 

このことは、認知症やうつ病など他の脳神経系の疾患と比較すると、分かりやすいかもしれません。

 

これらの疾患も、以前は心の問題だと考えられていた時代がありました。

 

しかし現在では、アルツハイマー型認知症には、脳に蓄積されたベータアミロイドという老廃物が発症に大きく関係していることが分かっています。

 

また、うつ病では神経伝達物質であるセロトニンの不足が、様々な症状を引き起こしていることが分かっています。

 

このように脳内での代謝や伝達の問題が、忘れっぽくなったり、憂鬱な気分になるなど一見すると心の問題と思えるような症状につながることがあります。

 

だからこそ認知症もうつ病も、脳機能を補強する特定の栄養素や薬物療法が症状の改善に役立ち、実際に効果を上げています。

 

脳に起きた障害や不具合は、遺伝的に変えるのが難しいところもあるかもしれませんが、一方で脳細胞や神経伝達物質は毎日つくられて入れ替わっていますから、修復や補強できる部分も多く残されているはずです。

 

もしADHDと診断されたのが、成長過程の子どもさんであればなおさらです。

 

脳機能が改善されると、感情が変わり、行動が変わります。問題行動と思われたものも減っていくことでしょう。

 

しかし、そのためには脳細胞や伝達物質をつくる材料である食べ物から変えることが必要になるわけです。

 

なぜ食事療法がお勧めなのか

トマトを食べない子ども

 

ADHDのための食事療法では、やるべきことが明確です。

 

食べてはいけないものを避けて、多く摂取した方が良い栄養素を食品やサプリメントで摂ります。

 

あとは、それをひたすら続けるだけです。

 

もちろんADHDを改善するには、食事だけでなくソーシャルスキルトレーニングやライフスキルトレーニングも大切ではありますが、そうした取り組みは時間もかかりますし、周りの協力も必要なので思い通りにいかないことの方が多くなります。

 

そして、しばらくすると疲れ切ってしまい、以前の私のように絶望してしまいがちです。

 

また自分自身がADHDの疑いがあるという場合でも、考え方や心の面からアプローチをすると、具体的にどうして良いかわからずに挫折してしまいます。

 

その点で、食事に気をつけるということは、誰でも取り組みやすく、変化を感じ取りやすい分野です。

 

それでADHDを治したいなら、まずは食事療法からスタートすることをお勧めします。

 

このサイトでは、ADHD改善に役立つ食事療法のポイントを分かりやすくまとめていますのでご参考にしてください。

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

=スポンサードサーチ =