=スポンサードサーチ =


発達障害を食事で治すための本

以下は、はじめての方でも分かりやすくて、すぐに実践できるようまとめられた本です。

 

発達障害の子どもが変わる食事

発達障害の子どもが変わる食事 (青春新書INTELLIGENCE)


著者はアメリカの発達障害児専門の栄養コンサルタントです。発達障害の食事療法がステップバイステップで具体的に解説されています。ステップ1の「有害な食べ物を取り除く」から始まり、6つのステップで進めていきます。非常に説得力があり、かつ分かりやすい構成の本ですが、幾つものサプリメントを用意する必要があることなど実際に実践するには少々敷居が高いところもあります。

 

子どもの「困った」は食事でよくなる

子どもの「困った」は食事でよくなる (青春新書インテリジェンス)


キャリン・セルーシの著書で扱われていた「脳アレルギー」について分かりやすくまとめられた本です。腸内環境や低血糖症のことなど発達障害に関連の深い体の機能について深く学べます。また分子整合栄養療法の基礎を実例から学べますので食事療法の全体像を学びたい方に最適です。

 

発達障害を治す

発達障害を治す (幻冬舎新書)


有害物質のデトックスと必要栄養素の補給の必要性について詳細に説明された本です。発達障害の改善にカギとなる有害化学物質の除去について理解を深められます。

 

食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足

食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足


5人の発達障害児の改善までの体験談と共に、ミネラル不足と発達障害の関係について解説された本です。水煮食品・リン酸塩・精製食品の3つによって、子どもも含めて現代人は慢性的にミネラル不足になっているそうです。簡単に行えるミネラルの補給法について解説されています。

 

子どもの頭脳を育てる食事

子どもの頭脳を育てる食事 (角川oneテーマ21)


糖質と血糖値と脳の関係、また脳を育てる栄養素である脂肪(オメガ3)・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどについて総合的に学べます。食指療法を進める上での具体的な計画に役立ちます。

 

体をこわす添加物」から身を守る本

「体をこわす添加物」から身を守る本: 安全な「食べ方」「選び方」は? (知的生きかた文庫)


味噌や醤油など身近な調味料や食材の安全な選び方と要注意添加物について解説されており、食材を購入する際にとても役立ちます。

 

少し専門的な本

以下は学びはじめの方には少々難解なところがありますが、科学的な根拠を知って十分納得してから進みたいと言う方には読む価値のある本です。

 

デトックスで治す自閉症

デトックスで治す自閉症


重金属などの有害物質と自閉症の関係、腸内環境を整えることの重要性とその方法について専門的立場から解説されています。

 

食事療法で自閉症が完治!!―母の命がけの取り組みで奇跡が起きた真実の物語

食事療法で自閉症が完治!!―母の命がけの取り組みで奇跡が起きた真実の物語


体験談を通して食事療法で効果があらわれるまでの経過がよく分かり、継続して取り組むための意欲が高まります。

 

発達障害の原因と発症メカニズム

発達障害の原因と発症メカニズム: 脳神経科学の視点から


有害物質が脳にどのようにしてダメージを与えていくのかがよく分かり、食事の中で有害化学物質を避けることの重要性をしっかり銘記できます。

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

=スポンサードサーチ =