=スポンサードサーチ =


発達障害で使われる薬の意味

発達障害には根本的な治療方法もなく、また完治させることは難しいとされています。

 

これは病気ではなくて脳の機能障害であると考えられているので、治療薬や手術などで治せる性質のものではありません。

 

しかし、発達障害による日常生活での困難を緩和させるために使用されるお薬はあります。

 

薬を使うことで生活が楽になることも

 

発達障害にはいろいろなタイプがありますが、ほとんどの場合で薬物での治療が必要になることはありません。

 

それよりも親や周囲にいる大人たちの理解、環境を整えることや生活習慣や食生活の改善などが発達障害の治療の中心となります。

 

しかし発達障害の子供の中には、二次的な障害で悩まされることもあるようです。

 

さまざまな特徴による生きづらさから、学校での集団生活や学習面などに悪影響が出てくることがあります。また、本人や他人に対して身体的な危険が及ぶケースもあります。
そのような場合には、薬物での治療が必要になります。

 

あくまでも発達障害自体の治療ではなくて、発達障害に伴って発生する特定の症状を抑えるために使用されます。

 

状態に応じて必要な薬は異なる

 

発達障害の子供で強い攻撃性がある場合や不安からパニック症状を起こす場合、こだわり行動が強い場合には抗精神病薬が使用されます。

 

発達障害で多動性障害や多動が強く現われる子供もいますが、そのような場合には中枢神経刺激薬が使用されます。

 

多動の傾向が強い子供は、じっくりと考えて行動することができず、いつも集中できず落ち着かない状態でいます。無意識のうちに周囲に迷惑な行動を取ることも多く、注意されても怒ってしまうだけで改善することができません。

 

このような症状を抑えるために中枢神経刺激薬が用いられます。

 

他に、発達障害でてんかん性脳波異常が強く現われる場合には、抗てんかん薬が使われます。

 

てんかん性脳波異常が強いと情緒不安定になるので、そのような場合に処方されます。

 

発達障害によって子供たちは自信を失っていくこともあります。

 

不安障害やうつ症状、イライラなどの症状が見られる場合には、抗不安薬が使用されることもあります。

 

これらの薬物を使用するのをためらう親御さんも多いでしょう。

 

しかし、辛い症状を抑えるためには有効なお薬です。

 

もしもこれらの薬を医師から薦められた場合には、子供にとって何が一番いい選択なのかを検討してみて下さい。

 

発達障害を根本的に治療することはできませんが、発達障害による不快な症状を抑える治療薬はあります。

 

治療薬と同時に療育や栄養療法などもあるので、専門医と相談しながら最善の対策を行ってあげましょう。

 

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

=スポンサードサーチ =