=スポンサードサーチ =


一番の問題は二次障害

夜の街をふらつく少女

 

発達障害は早い段階で適切な対応をしないと二次障害に苦しめられることもあります。

 

発達障害自体よりも深刻な問題なのは、二次障害です。

 

二次障害になってから初めて発達障害であったことを知る人もいるのですが、二次障害を防ぐことが何よりも大切です。

 

二次障害はどのようにして起きるのか?

 

子供に発達障害があることが分かっているのに何も対処しない親御さんもいらっしゃるでしょう。または、発達障害に気づかずに成長するお子さんもいるでしょう。

 

いずれにしても発達障害があるのに周囲の大人が何も対処しないでいると、子供は成長段階で大きな困難に度々ぶつかるようになります。

 

発達障害という特殊な特徴があるために、通常の子供よりも困難にぶつかるこが多いにも関わらず、周囲の大人による適切なサポートがありません。

 

そうなると本人はだれにも相談できないままに自分はダメなんだ、と思うようになります。

 

そして、悩みは次第に大きくなり二次的な障害が生じます。

 

このように発達障害を放置したままでいると新たな障害が出てきます。これは大人でも同じです。

 

二次障害の特徴と考えられること

 

二次障害の症状はいろいろとあり、心理的な影響が出てきたり、行動面での影響が出てくることもあります。

 

本人は頑張っているのにミスを連発したり、ふざけていると評価されるので自分に自信が持てなくなります。

 

自己評価が低いままでいると気分も常に落ち込んだままなので、子供であれば引きこもり不登校の問題が生じてきます。

 

大人であればうつ病などを引き起こします。

 

さらに学習意欲の低下不安障害対人恐怖症気分障害といったさまざまな心理的な影響が出てきます。

 

行動面で影響が出てくる子供もいます。

 

とにかく周囲に対して反抗的になったり、暴力的になったり万引きをする、非行に走るなどの行動面での二次障害が見られることもあります。

 

早めのサポートが大切

 

このような二次障害は、早い段階で周囲の大人が適切なサポートを行うことで防ぐことができます。

 

自己肯定感の低下が二次障害のきっかけになるので、周囲の大人が自己肯定感を持てるようにサポートしてあげることが大切です。

 

学校の勉強でミスが多かったり上手くいかないことがあっても、頑張ったことを認めてあげてたくさん褒めてあげましょう。

 

子供は親から褒められることが一番嬉しいことです。

 

失敗しても大丈夫なんだという自己肯定感があれば、どんなことに対しても自信を持って取り組むことができるようになります。

 

発達障害の二次障害が生じるということは、それまでに本人がとても苦しんだはずです。

 

ミスをしても大丈夫、そのままで大丈夫という自己肯定感は、周囲の大人の対応によって養うことが出来ます。

 

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

= スポンサードサーチ =