=スポンサードサーチ =


幼稚園に行かせることの不安

幼稚園の元気な園児

 

発達障害であると診断されたお子さんや、またはその傾向があると専門医から言われたお子さんをお持ちのママは、普通の幼稚園に行かせてもいいのかと迷われているかも知れません。

 

発達障害児やその傾向があるお子さんの幼稚園選びについて詳しくご紹介しますので参考にしてください。

 

子どもが馴染めそうかどうかがポイント

 

自閉症スペクトラムや多動性障害、学習障害など、色々なタイプの発達障害があります。

 

これらの発達障害があると、こちらが入園を希望しても認めてもらえない幼稚園もありますし、親の方が子供は幼稚園に馴染めないのではないかと不安になったりしますね。

 

また、個性の強い我が子をきちんと見てくれる先生はいるのか、幼稚園の理解はどうなのかといった不安もあるでしょう。

 

発達障害と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、さらに一人ひとりさまざまな特徴があります。

 

また、特に2歳や3歳くらいの年少さんの頃には、診断もとても不安定です。

 

診断する先生により診断名が違ったり、他の先生では診断がつかなかったりもします。

 

自閉症スペクトラムは、1歳2歳くらいから特徴が見られやすいので、診断も3歳くらいにはつく子供が多いです。

 

人と人とのコミュニケーションに問題が出やすい自閉症スペクトラムですが、実際に幼稚園に入ってみないと、馴染めるのか馴染めないのかは分かりません。

 

特に低年齢であるほどに、親や周囲の大人のサポートや関わり方が大切で、これにより幼稚園に馴染めるかどうかも大きく違ってくるでしょう。

 

理解のない幼稚園や対応する先生がいないようであれば、お子さんを通わせない方が良いでしょう。

 

自閉症スペクトラムの疑いがあってもIQも高く家庭でもそれほど問題がなければ、普通の幼稚園に通っているお子さんもたくさんいます。

 

しかし中には、途中から馴染めなくなって登園拒否になるケースもあります。

 

発達障害に理解ある幼稚園を探す

 

出来るだけ発達障害に理解のある幼稚園に入園させて、先生のサポートを受けながら登園させて様子を見てみると良いでしょう。

 

もしも登園を嫌がるようになれば、障害児通園施設もあるので途中からそちらに入園させることも出来ます。

 

普通の幼稚園に通わせるか、それとも障害児通園施設に通わせるかの判断基準となるのは、やはり他の子供に害を及ぼす危険性があるかどうかです。

 

また、衝動的に教室を飛び出す危険があったり、日常的な生活音や蛍光灯の光など、何気ない刺激に非常に敏感な子供も普通の幼稚園では難しいでしょう。

 

他に、こだわりがとても強かったり癇癪が激しいなどの特徴がある子供も、療育的なサポートが万全な障害児通園施設の方が良いでしょう。

 

発達障害の傾向のあるお子さんは幼稚園選びも不安なことがたくさんあるかと思います。

 

普通の幼稚園を選ぶ場合には、発達障害児に理解のある幼稚園でなければ選ばない方が良いでしょう。

 

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

= スポンサードサーチ =