=スポンサードサーチ =


幼児の発達障害は早期発見が大切

発達障害は早期療育が最も大切だと言われています。

 

乳幼児、幼児の頃にはどんな子供でもお世話が大変なので、気がつきにくいのも確かですが、それでも自分の子供は他の子よりも何か違うと感じたら、できるだけ早く診断をしてもらうことが大切です。

 

発達障害は生まれ持った先天的な脳の特性です。

 

専門機関による療育などでその特性が現れにくくすることはできますが、生まれもった特性なのでそれは生涯続きます。

 

ですから少しでも早く診断を受けることで両親の負担や悩みも軽くなると同時に、本人も日常生活がスムーズに送れるようになります。

 

自閉症スペクトラムの幼児の特徴

 

発達障害にもさまざまなタイプがあり、ある程度大きくなってからでないと診断しにくいものもあります。

 

幼児からでも症状が見られるのは発達障害の中でも自閉症スペクトラムです。アスペルガー症候群とも言われています。

 

自閉症スペクトラムにもさまざまなタイプがあるので一概には言えませんが、一般的におとなしく育てやすいという特徴があり、表情が乏しいなどの特徴もあります。

 

ママが呼びかけても無反応だったり、しゃべれるようになるとオウム返しが多いなどの特徴もあります。

 

他に空気が読めないことや好きなことには凄い集中力を発揮するものの、興味のないものには全くの無関心だったりします。

 

マイペースで、相手が大人でも誰でも、自分のペースで話しかける人見知りをしない子供が多いです。

 

自閉症スペクトラムは、自分と自分以外の外側の世界の境界線が分かりにくいという特性があります。これが空気の読めない発言につながったり、人見知りをしないなどの特徴につながります。

 

人間関係の中で適度な距離感が取りづらいという特性が自閉症スペクトラムの根本にあります。

 

感覚の敏感さも特徴的

自閉症スペクトラムの子供は、光や音、肌触り、歯ざわりなどの感覚や刺激にとても敏感だったり反対に鈍感だったりします。

 

特定の音を極端に嫌がり、特定の乗り物に乗れなかったり特定の場所に行けない子供もいます。

 

味や食感に敏感な子供は、いつも同じ食べ物だけしか食べないこともあります。

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)の幼児の特徴

ADHD(注意欠陥多動性障害)の場合は、4歳くらいから特徴がはっきり見られるようになります。

 

活発でとても元気で、気が散りやすく落ち着きがないという特徴があります。

 

忘れ物が多くぼーっとして人の話しを聞いていないようにも見えます。

 

また行動力があり、衝動的な行動が多いという特徴があります。

 

これらの特徴は個性として捉えることができるものの、やはり日常生活の中で問題が起こるので障害と言えます。

 

我が子に気になるところがあれば偏見を持たないで、まずは専門機関に相談してみて下さい。

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

= スポンサードサーチ =