=スポンサードサーチ =


化学物質に弱い理由

発達障害の人は、一般の人よりも敏感な感覚をもっており、さらに言えば脳や他の臓器自体が敏感だと言われています。ですから、特定の音をうるさがったり、光をまぶしがったり、衣服の触れる感触が気になる場合が多いのです。

 

これは食品などに含まれる化学物質についても当てはまります。

 

一般の人には全然平気な化学物質であっても、発達障害の人の場合は消化や排出しにくく、むしろ体内に蓄積される傾向があるようです。

 

これは発達障害の人の腸粘膜の働きが弱くて腸壁の網目が粗いために、本来は吸収しないはずの人工物や有害ミネラルまで体内に取り入れてしまっているからだと言われています。そのためか発達障害の方は、食物アレルギーやアトピー、喘息、アレルギー性鼻炎などを抱えている場合が多いようです。

 

こうしたことから、基本的には食品添加物や人工甘味料などの人工物が体に合わないのです。

 

また加工品ではなくとも、野菜を栽培する際の農薬や化学肥料、魚の養殖や家畜の飼料に使用される抗生物質などにも注意が必要です。これらの多くは一般の人にとって安全な基準値でも、発達障害の方にとってはその過敏さを考えると、何倍も厳しく考える必要があるようです。

 

例えば、近年多用され神経にダメージを与えると言われているネオニコチノイド系農薬というものがあります。この農薬のイチゴの残留基準値は日本では5ppmですが、欧州基準では0.01ppmと50倍も厳しいのです。発達障害の方はこの欧州基準値で判断するぐらいで良いのではないでしょうか。

 

また子どもの場合は一層注意が必要です。食品添加物の安全性は、体重50Kgの人を基準として考えられているからです。それよりもずっと体重の少ない子供の場合は、許容量はもっと少なくなるはずです。さらに子供は血液脳関門と呼ばれる脳の防御システムがまだ完全ではないので、有害物質が脳に入りやすく、ダメージを受けやすいのです。

 

化学物質が脳に与える影響

ところで化学物質はなぜ発達障害の改善に妨げとなるのでしょうか?

 

発達障害の原因は、まだ研究途上で様々な意見があり、いまだはっきりとした答えは出ていません。それでも大きな要因として挙げられているもののひとつが環境要因です。

 

これは、胎児のときや乳幼児期、さらにはその後に体内に取り込まれた有害物質が、脳の機能全体を統合するのに大切な連結部分の発達を妨げているというものです。

 

具体的には、農薬やPCB、鉛などの有害物質が脳の神経細胞同士を連結するシナプスの形成と維持をかく乱し、そのために脳機能全体をまとめあげる神経回路が不調になってしまうのです。

 

この研究の詳細にご興味のある方は以下の「発達障害の原因と発症メカニズム」で説明されています。

発達障害の原因と発症メカニズム: 脳神経科学の視点から

 

さらに近年の研究で、体内に蓄積された毒素が必要なミネラルや栄養素の吸収を阻害していることも明らかになりました。

 

ですから、まずは体内に入る毒素の制限とデトックス(毒出し)を行わなければ、いくら脳の発達に役立つ良質な栄養素を摂取しても効率が悪いわけです。とにかく子どもであっても大人であっても、発達障害の方は人工的な化学物質との相性が悪いのです。

 

食材に含まれる化学物質

有害物質は、大気中の汚染物質や紫外線など身近にあふれており、完全にシャットアウトするのは難しい状況ですが、少なくとも食材に関しては努力次第でかなりダメージを減らせます。

 

例えば、野菜については有機リン系農薬、ネオニコチノイド系農薬といった神経にダメージを与えるものが使われている可能性があります。生産者と生産プロセスがはっきりしている低農薬の野菜であれば、こうした害から守られます。

 

さらに食品添加物で神経系に害となるものでは、アスパルテーム・スクラロース・アセスルファムKなどの人工甘味料、人工着色料、多くの食品に調味料として使用されているグルタミン酸ナトリウム(MSG)などがあります。

 

それで食材を購入するときに、原材料表をよく確認することで特に危険な食品添加物を避けることができます。

 

化学物質に汚染されていない安心食材の入手先は?

実際問題として、食材を購入するたびに一つ一つ商品の原材料表を確認するとなると結構大変です。またお店によっては有機野菜や低農薬野菜を置いていなかったり、無添加食材の種類が少なかったりという不便さもあります。

 

そのような不便さを感じておられる方におすすめしたいのは安心食材の宅配サービスです。

 

特に以下の食材宅配サービスでは、安全性をかなり重視しており、生産者に関する情報公開や各種の検査など徹底した取り組みを行っています。

 

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーや

 

↓ 公式ページは以下をクリックください↓
厳選食材の定期宅配サービス らでぃっしゅぼーや

 

大地を守る会

大地を守る会

 

↓ 公式ページは以下をクリックください↓
あんしん・おいしい・たのしい大地宅配のお試し野菜セット980円から

 

オイシックス

オイシックス

 

↓ 公式ページは以下をクリックください↓
最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

=スポンサードサーチ =


発達障害の改善は有害化学物質を減らすことから記事一覧

有機野菜は栄養価が高いイメージありますから、発達障害の改善に効果がありそうに思えます。発達障害の改善には大量のビタミン・ミネラルの摂取が必須になるからです。しかし、有機野菜の栄養価については様々な異なる意見が存在するのも事実です。海外ではスタンフォード大学の研究によって、有機野菜とそうでない野菜の栄養価を比較したところ、大差ないという結論が出ています。そうなると、わざわざ値段も高めの有機野菜を買う...

水は発達障害の改善のカギを握っています。人体の7割以上は水分でできていますが、ことに脳については85%以上が水分で占められています。ですから、体内に取り入れる水の質が脳機能に深く関係してるのも当然の話です。では、アルカリイオン水は発達障害の改善に適しているのでしょうか?アルカリイオン水は、水道水や天然水を電気分解してアルカリ性と酸性の水に分けることで生成されます。この水は胃腸症状の改善に役立つこと...

発達障害の原因については様々な説がありますが、有力な説の一つに重金属や有害化学物質が脳の発達に影響しているというものがあります。実際にデトックスを行うことで、自閉症などの発達障害にみられる色々な特性が大きく改善したという例は多く存在するようです。発達障害の方は脳や腸が他の大勢の人と比べて敏感な特徴があるようで、そのために農薬やPCBなどの化学物質や鉛、水銀など重金属からのダメージを受けやすいようで...