=スポンサードサーチ =


アルカリイオン水の見逃せない問題点

水は発達障害の改善のカギを握っています。人体の7割以上は水分でできていますが、ことに脳については85%以上が水分で占められています。

 

ですから、体内に取り入れる水の質が脳機能に深く関係してるのも当然の話です。

 

では、アルカリイオン水は発達障害の改善に適しているのでしょうか?

 

アルカリイオン水は、水道水や天然水を電気分解してアルカリ性と酸性の水に分けることで生成されます。この水は胃腸症状の改善に役立つことが効果として認められており、電解することでミネラル分の濃度も高くなりますから、多くのミネラルを必要とする発達障害の方にとっては適しているように思えます。

 

しかし、特に水道水を電解して生成されるアルカリイオン水の場合には問題点もあります。

 

電解することによって重金属がアルカリイオン水側に引きつけられることになり、その中は鉛やアルミニウムなど人体にとって有害なものが含まれる可能性があります。しかもそれらが高濃度に濃縮されていることが考えられるのです。

 

さらに水道の中に有機物が存在する場合に、電気分解の作用でトリハロメタンやホルムアルデヒドなどの発ガン物質が生成されるとの報告もあります。

 

発達障害の方は有害物質に敏感な体質をもっているだけに、心配な面があるのです。

 

ベストな選択は天然ミネラルウォーター

 

発達障害の改善を考えるならば、最適な水はミネラルウォーターです。

 

脳機能の向上に必要なカルシウムやマグネシウム、亜鉛などミネラル分を多く含みますし、採取地の安全性が明確ならば有害物質の影響を心配する必要もありません。

 

特に天然水に加熱殺菌しないままのナチュラルミネラルウォーターは、界面活性作用も高くデトックス効果に優れています。

 

毎日1.5L〜2.0L飲むことを目標として続けることで、ミネラルの補給と毒素の排出という両面で働きかけることができますから、脳機能の改善にも役立つことでしょう。

 

関連記事: 発達障害改善ステップ1−水を変える−

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

= スポンサードサーチ =