=スポンサードサーチ =


思ったほど差がない有機野菜の栄養価

有機野菜は栄養価が高いイメージありますから、発達障害の改善に効果がありそうに思えます。発達障害の改善には大量のビタミン・ミネラルの摂取が必須になるからです。

 

しかし、有機野菜の栄養価については様々な異なる意見が存在するのも事実です。

 

海外ではスタンフォード大学の研究によって、有機野菜とそうでない野菜の栄養価を比較したところ、大差ないという結論が出ています。そうなると、わざわざ値段も高めの有機野菜を買うことにはあまり意味がないような気もしますね。

 

ところが、有機野菜には明らかに優れている強みがあり、これは発達障害の改善を考える上でとても重要なポイントとなります。

 

有機野菜の価値は残留農薬が少ないこと

有機野菜が栄養価や味の点で優れているかどうかについては、明確な答えが出にくいところがあります。しかし、有機野菜は残留農薬のリスクが少ないという点は異論のない事実です。

 

有機野菜は、なるべく農薬や化学肥料に頼らずに栽培されたものですから、残留農薬のリスクは他の野菜に比べて圧倒的に低くなります。そのリスクの差は5倍以上の開きがあるようです。

 

確かに有機野菜といえども、無農薬とは限りません。使用が認められている農薬がありますし、近隣の畑の農薬散布の影響で残留農薬が幾らか生じる場合もあります。

 

それでも現状で残留農薬を出来る限り避けたいと思うならば、有機野菜の認証を受けているものを選ぶほうが確実なのは間違いありません。

 

意外に知られていない事実ですが。日本は韓国と並んで農薬大国です。確かに農薬の全体としての使用量についてはアメリカや中国など他の国より低くなりますが、これは農作面積が狭いためで、単位面積当たりの使用量は断トツで世界トップクラスなのです。
参考サイト: 農薬大国・日本の現実 ネオニコチノイド系農薬で、発達障害が急増する!?(IWJ Independent Web Journal)

 

そのような状況ですので、特に野菜を多く摂取する必要のある発達障害の方にとって、農薬の問題は安易に考えてはならない分野と言えます。

 

農薬が発達障害に与える影響

発達障害と農薬の関係は近年になって世界中で問題視されており、26の研究が両者に関係があると結論しています。

 

特に従来から使われてきた有機リン系農薬、そして近年になって多用されているネオニコチノイド系農薬、いずれも人間の脳神経に悪影響を与えるとの研究報告がなされています。

 

発達障害の方はもともと脳や腸が敏感な方が多いため、農薬などの化学物質の影響を強く受ける傾向があります。
関連記事:発達障害の改善は有害化学物質を減らすことから

 

それが子どもであれば尚更で、体の解毒機能や脳の関門が未熟なために大人より受ける影響がずっと大きいのです。

 

国内では残留農薬の安全基準が定められており、その基準内であれば食べても問題がないと考えられていますが、発達障害の方や幼い子どもに関しては、その基準自体が安全ではない可能性もあるわけです。

 

ちなみに日本の残留農薬の基準は欧米と比較すると、ほとんどの作物で50倍程度ゆるく設定されており、茶などは欧米より500倍も甘く基準が設定されています。

 

発達障害の食事療法では、脳にプラスとなる栄養を大量に摂取することを中心としていますが、その要となる野菜に農薬が残留しているならば、これは改善の妨げとなります。

 

ですから、有機野菜で発達障害が治るとは言えませんが、発達障害を治すためには有機野菜のように有害化学物質の影響が少ない食品を選ぶことが大切になるといえると思います。

 

 

発達障害の改善に不可欠のオメガ3脂肪酸を高配合したサプリメントはこちらです

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

= スポンサードサーチ =