=スポンサードサーチ =


腸と発達障害の関係

発達障害の方の様々な症状は、人体の各器官の敏感さからきているという説がありますが、確かに発達障害の方に食物アレルギーやアトピー、喘息を抱えている人が多く見受けられることはそのことを示しているのかもしれません。

 

特に脳と腸が過敏であると言われており、腸については一般の人よりも腸壁の目が粗く粘膜が弱いため、有害物質を体内に取り込みやすいという問題があるようです。そうして今度は敏感な脳に対して化学物質が影響を与えてしまうのです。脳と化学物質の関係はこちら

 

このことからも発達障害の人は取り分け、腸内環境に注意を払うことが重要だと言えそうです。

 

腸内環境が悪いと便秘になり、老廃物や有害物質は一層排出されにくくなります。また腸内環境が悪化すると活発化する悪玉菌は、インドールやスカトールやアンモニアなどの有害ガスを発生させるのですから、さらに深刻な事態になります。

 

実際のところ、自閉症の方に便秘が多いということが研究によって知られています。ですから、腸に働きかけ、腸内環境を良好にする食事を毎日摂取することがとても大切なのです。

 

腸内環境を良くするには?

腸内環境を良好にする手法としては、プロバイオティクスとプレバイオティクスという2つのものが知られています。

 

プロバイオティクスとは、腸内環境を良くする乳酸菌やビフィズス菌など、菌そのものを多く摂取しようというアプローチのことで、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品を食べることで実現できます。

 

しかし、発達障害の人は乳製品が体にあまり合いませんから、ヨーグルトや乳酸菌飲料など代表的なプロバイオティクス食品はあまり積極的には摂取できません。

 

そこでおすすめするのは、もうひとつの方法であるプレバイオティクスです。これは既にお腹の中に棲む善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)を増やす食材を摂取しようというものです。

 

この方法の良い点は、もともと定着している善玉菌に働きかけますから、その人の体質に合った腸内環境へと変化させていくことが可能であるということです。

 

実際、外部から新しい乳酸菌を摂取しても、腸内になかなか定着しないことが多いと言われていますが、プレバイオティクスなら既に定着しているものに対してさらにパワーアップさせるのですから、非常に効率的なのです。

 

プレバイオティクスの実践方法

プレバイオティクスを具体的に実践するには、善玉菌の好物であるオリゴ糖や食物繊維を多く摂取すると良いと言われています。

 

オリゴ糖は砂糖と異なり、胃や小腸では消化吸収されません。つまり、糖分ではありますが発達障害の人にとってNGではないのです。発達障害と糖分の関係はこちらへ

 

オリゴ糖には腸内の善玉菌のエサとなり、それを活発にして増殖させる効果があります。そのため便秘に悩む人にとても良いのです。

 

オリゴ糖はバナナや味噌など様々な食材に含まれており、ある程度は食事を通して摂取できますが、腸内環境の改善を期待するのであれば、健康食品タイプのオリゴ糖がおすすめです。

 

中でも人気のオリゴ糖食品は以下のカイテキオリゴです。
オリゴ糖

 

カイテキオリゴの優れた点は、その純度と数種類がブレンドされていることです。

 

市販のオリゴ糖食品の多くは、オリゴ糖以外に砂糖や水飴が添加されており、純度はかなり低くなっています。また幾つかのオリゴ糖をブレンドしているものも少ないようです。

 

実はオリゴ糖が最大の効果を発揮するには、ブレンドされていることが大切であり、このことで腸内の様々なビフィズス菌に一度に働きかけることが可能になるそうです。

 

本気で腸内環境改善に取り組むのであれば、やはりカイテキオリゴをおすすめします。

 

カイテキオリゴの詳細は以下のリンクをクリックしてご確認下さい。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式ページはこちら

 

発達障害食事療法の強力な味方。製薬会社のサプリ新発売 詳しくはこちら

=スポンサードサーチ =